We Keep updating the newest technology!

地球温暖化:現在の状況とわたしたちの行動

どのように温室効果が生産活動に影響を与えるか:

Global Warming: Current Status and Our Responses 通常、太陽からのエネルギーは地球から宇宙に放出されるエネルギーと同量です。
エネルギーは太陽の表面(6000度)で生成され、大気圏を通過する可視光線の形で地球に到達します。
対照的に、地球表面(27度から放出されるエネルギーの生成物は、赤外線の形で送信されます。
内部の二酸化炭素の「トラップ」のようないくつかの分子は、赤外化されていくつかのエネルギーを地球に戻します。
この効果が温室に似ているため、「温室効果」と呼ばれ、このような効果から生成されたガスが、「温室効果ガス」と呼ばれています。

大気中の温室効果ガスの増加:

京都議定書は、温室効果ガスを次の6種類に定義しています。二酸化炭素(CO2)メタン(CH4)、亜酸化窒素(N2O)、ハイドロフロン(HFC)、フッ素(PDF)六フッ化硫黄(SF6)温室効果ガスは文明の発展とともに増加しています。特に産業革命後、化石燃料の使用や森林伐採が急速に増え、その結果大気中の温室効果ガスが増加しました。

京都議定書:

1997年、京都議定書は当初、国連気候変動枠組条約(UNFFCCC)を採用しました。この議定書は「温室効果ガス」の削減を明確にし、締約国に削減目標(.の遵守)を義務付け、「柔軟なメカニズム」を導入しました。

対象となる温室効果ガス:

二酸化炭素(CO2)、メタン(CH4)、亜酸化窒素(N2O)、ハイドロフロン(HFC)、パーフルオロカーボン(PFC)、六フッ化硫黄(SF6)

排出量削減目標:日本6%、アメリカ7%、欧州8%など

柔軟なメカニズム(京都メカニズム)
各国に、「排出枠」の取引を、(排出枠)の上限を満たすために認める。

クリーン開発メカニズム(CDM)
先進国が開発途上国において技術、資金等の支援を行い、温室効果ガス排出量の削減または吸収量を増加する事業を実施した結果、削減できた排出量の一定量を支援元の国の温室効果ガス排出量の削減分の一部に充当する制度。

共同実施:
各国に排出量削減事業の共同実施を認め、参加国間のクレジットの獲得に貢献する。